教育・研修

三重県看護協会教育体系

教育理念

看護職者は、人々の健康と生活を支える専門職業人として、その専門性を高めるため自己の能力の開発・維持・向上につとめるとともに、変革にむけた提言を行える力を養うことが求められる。そして、社会におけるネットワーク構築や他職種との連携をはかることも重要となる。

三重県看護協会は、このような看護職者に必要とされる教育を継続的に実施することにより、高い専門性と豊かな人間性を備えた魅力ある看護職者へと成長する機会を提供する。

教育目的

地域社会の人々の多様なヘルスケア・ニーズに対応し、最善の看護サービスが提供できるよう、看護職者に必要な知識・技術・態度の向上をはかることを目的とする。

教育目標

  • 新人看護職員が看護現場で必要とされる基本的な知識・技術・態度を習得し、前向きに日々の業務を遂行することができる。
  • 専門職として生涯教育・自己啓発の動機づけができ、常に新たな知識や技術を習得し、看護実践能力を維持・向上することができる。
  • 保健医療福祉組織の社会的役割を理解し、組織における自己の役割行動をとることができる。
  • 看護実践に活用できる問題解決思考や科学的思考を養うことができる。
  • 安全で安心できる看護を提供するため、医療安全管理能力や災害時に対応できる能力を養うことができる。
  • 指導者としての教育実践能力を養うことができる。
  • 創造性と先見性を持ち、組織の発展に向けて主体的に行動できる看護管理能力を養うことができる。

教育計画の枠組み

2025年を見据え日本看護協会は「看護の将来ビジョン」に基づき、質の高い看護人材を育成する継続教育の基本方針を提示した。これに伴い、三重県看護協会では、日本看護協会が示す新たな継続教育5つの構成区分に、当会独自に2区分を追加し、継続教育の体系を7区分で構成する。

研修の区分
  1. 「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育
  2. ラダーと連動した継続教育
  3. 専門能力開発を支援する教育体制の充実に向けた継続教育
  4. 看護管理者が地域包括ケアシステムを推進するための力量形成に向けた継続教育
  5. 資格認定教育
  6. 人材確保定着研修
  7. 三重県訪問看護ステーション連絡協議会の研修

看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)の活用

日本看護協会では、2025年に向けて変化する医療提供体制へ対応すべく、あらゆる施設や場におけるすべての看護師に共通する看護実践能力の標準的指標として、「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」(以下JNAラダー)を平成28年5月に公表した。

三重県看護協会の研修は、JNAラダーが示す看護実践能力の向上に活かせるように企画している。JNAラダーの指標と自身の看護実践習熟段階と対比させ、教育活動の一環として当研修の活用を推奨する。

JNAラダーを構成する4つの力
JNAラダーを構成する4つの力

(公益社団法人 日本看護協会)

レベル I〜Vの5段階習熟段階
レベル レベルの定義
I 基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する
II 標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する
III ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する
IV 幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する
V より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する

(公益社団法人 日本看護協会)