訪問看護のお仕事

看護師の声

訪問看護ステーションの看護師は、利用者さんが在宅で安心して療養生活を送れるように、医師や他職種と連携しながら看護サービスを提供します。病棟で働くのとは違い、予想外に大きな問題に直面することも多いです。
考えや思いも違えば、活動範囲も家庭によってそれぞれ異なります。それぞれの家族と接し、看護や支援の方法は、どれだけのパターンがあるか分からないです。その一つ一つの問題に対して悩み考え、クリアしていく過程で、訪問看護師として、自信がもてるようになります。
問題や課題は多いですが、徐々に解決されていき、利用者さんが少しでも良くなった時、また家族が満足感を得られていると感じられた時、在宅療養を選択してよかったと思えたとき、私たち訪問看護師も満足感や充実感を味わうことが出来ます。
勉強も必要で、難しいと感じることもありますが、看護師としてのスキルアップ、人間性の成長とともに達成されていく充実感は間違いなく得られます。やりがいは十分にある仕事です。
数十年前、病棟勤務だった頃、畳の上で死にたいからと酸素ボンベをかかえて帰る方や、各種チューブ、カテーテル等が入ったまま、管理指導等して見送る時、家でどうして過ごされるのか心配でした。
又、患者さんの話を聴きながらも、次の時間内にやり終えなければならない業務のことで心の足はドアを向いてしまっていました。
訪問看護は与えられた 30分~90分の間は、目の前の利用者さんのことだけ考えケアできます。在宅で、その家その家に合わせて、いろいろ工夫してすることも大変ですが、楽しいことです。
病院では行えない、生活の場での看護は看護師としての力を余すことなく発揮できる やりがいのある仕事です。
訪問中は、利用者さんとゆっくり向きあえます。利用者さんも住みなれた自宅でケアを受けることでリラックスされ、いろいろな顔をみせてくれます。
日常の会話も多く、その中から本音をきくこともあります。
ケアは、利用者さんの希望によりおこない、個別性があり、共に満足感が得られているように思います。
最期の時に寄り添うこともあり、とても大切な仕事で、いろんなことを教えられます。

利用者さんの年齢、疾患は幅広く、いろいろな勉強する機会があります。
運転して外に出かけ、日差しをたっぷり浴び健康的です。
訪問看護師に携わるようになったのは、必然だったと感じたのは、姑が病気になり、看おくったときです。
訪問看護師の経験が、姑が病気になったとき、手術(延命治療)中止の判断や在宅で看ていくこにした時、かかりつけ医、福祉サービスの利用、家族への介護方法の指導等について、あまり迷いがなく行えたように思います。
訪問看護に来ての楽しみの1つに、病院内で働いていてはわからない季節を感じられるということです。天候しかり、季節の花がどこのが一番に咲くとか楽しんで運転して、次の訪問に向かっています。
訪問看護は、訪問優は病棟とは違いナースコールが鳴らないのでその利用者さんのことだけを集中して考えながらケアすることができます。
入院中には見られない在宅ならではの自然な利用者さんの姿に触れられます。
外に出て季節を感じ、厚さ寒さもダイレクト!
道を覚えて 車の運転も上達!
1人で心細いことも道に迷うこともあるけれど、満足感のある看護ができる訪問看護です。
ご自宅に訪問してのケアなので、その人となりがよくわかります。
大切にしているもの、好きなもの、嫌いなもの、家族関係のことなど。
何回か伺っているうちにその人の歴史、考え方などがわかり、教えていただくことも多いです。
ほっとした顔、穏やかな顔、優しい言葉にこちらが癒していただき、元気になれる仕事ですよ!
病棟と異なり、ナースコールがない為 その人とじっくりと関わらせていただくことができることです。また、その人の人生を過ごした家でケアをさせていただく為、お部屋にあるものや、写真のことを伺った時のいきいきとした表情を見ることができることです。
訪問看護では、いろいろなご家庭に訪問します。
家庭の中に入ることと、訪問期間が長い場合が多いため家族関係がより深くみえます。
円満で、あたたかさを感じる家族もあれば、複雑な家族関係で不満を抱えている家族があります。
「見習わなくっちゃ」って思ったり、反面教師と思ったりです!
  • 利用者さんや家人とお話しする時間が多く、療養相談や病気のことをきかれる機会も多いです。自分の知識のなさを実感し、勉強しようという気になります。
  • 自宅での生活されている利用者さんの場合、病院とは違い、家にあるものでケアをしていくことがとても勉強になりました。
  • 本人、家人等、まわりの方々とのはなしができて、考え方、物の見えかたがひろがります。
  • 利用者さんと腰をすえてゆっくりお話ができます。
  • 利用者さんの笑顔が素敵です。
  • 体験してみるとよくわかります。