看護職のワーク・ライフ・バランスの推進

カンゴサウルスイラスト

三重県看護協会は、これまで慣例になっていた職場風土や働き方を見直し、看護職の仕事と生活の調和、働き続けることができる職場環境づくりへの支援を行っています。

お知らせ

  • ワーク・ライフ・バランスに関する研修のご案内はこちらからご確認ください。
     HOME → 教育・研修 → その他の研修 → ワーク・ライフ・バランス
  • 令和2年度看護職のWLB推進事業(アドバイザー派遣事業)について
     皆さまの施設でお困りのことについて、支援者を派遣します。
     詳細はこちら(WordPDF)。
  • 令和2年度看護職の働き方改革推進事業(ワークショップ等)
     皆さまの施設でお困りのことについて、課題解決に向けた支援の場を提供します。
     詳しくは、こちらをご参照ください。

看護職の働き方改革推進事業

 三重県看護協会は平成23年度から日本看護協会と協働し「看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業」に参加し、看護職のワーク・ライフ・バランス(以下WLB)の実現に取り組んできました。現在は、働き方改革の流れに合わせ、当会独自で事業を展開しています。
 令和2年度からは、「働き方改革推進事業」と改め、施設により異なる課題に対し、解決に向けた支援を行います。
 ぜひ、貴施設も参加してみませんか。

三重県看護協会のミッション・ビジョン

ミッション

三重県内の看護職が生涯を通して安心して働き続けられる環境づくりを推進する。

ビジョン

看護職のWLBにより、いきいきとした元気な看護職が増える。

令和2年度 看護職の働き方改革推進事業について

 三重県看護協会は、働き方改革推進の取り組み参加施設に対し1年間の支援を行います。
 各施設の参加期間は、1年間です。

令和2年度参加施設の募集について

 申込書にご記入の上、申込書に記載の宛先まで送信してください。
 ※申込書様式はこちら(WordPDF)です。

参加の流れ

*参加施設の取り組みの流れ

  1. 自施設の課題から、1年間で取り組みたいテーマを決め、参加申し込みを行います。
  2. ワークショップまでに、取り上げたテーマに関する情報収集を行います。
  3. ワークショップでは、講師からの特別講演、施設別指導を受けることができます。また、取り組むテーマに対し、適任な支援者がサポートします。
  4. フォローアップワークショップ(2月)では、取り組みについての進捗報告、他の施設との情報共有を行います。また、講師から特別講演、施設別指導を受け、取り組みに活かすことができます。

*スケジュール概要

時期

内容

備考

令和2年7月3日迄

参加申込

取り組みたいテーマ等

ワークショップ迄

取り組みたいテーマに関する情報収集

 

8月27日、28日

ワークショップ(働き方改革研修会1)への参加

特別講義、施設別指導、支援者からの助言等

場所:三重県看護会館または各施設(オンライン参加可)

9月~1月中の1日

(必要に応じ)進捗確認

・電話やWeb会議システムによる支援、施設訪問等

場所:各施設

 

令和3年

2月中の1日

フォローアップワークショップ(働き方改革研修会2)への参加

場所:三重県看護会館等

*テーマの例
「2交替勤務の導入」、「正循環勤務の確立」、「有期雇用契約者・定年延長者の人材活用」、「ハラスメント対策」など

看護職のWLB推進ワークショップ事業 これまでの参加施設

 平成23年度~平成30年度に、計22施設が参加しました。また、令和元年度は、加えて「テーマ別参加」として、各施設で解決したいテーマに取り組み4施設が参加しました。
 参加期間は、平成23年度~27年度まで3年、平成28年度~30年度まで2年間でした。
 令和元年度は新規施設の参加募集は行っていません。
 三重県看護協会の取り組みは、平成23年度からの「看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業報告書」をご覧ください。下記、「報告書」をクリックすると日本看護協会のホームページ内の「報告書」につながります。