教育・研修

研修計画詳細

安全対策研修 (専門研修)

研修番号 34
研修名 医療安全管理者養成研修
開催日時

①9/7(木)    ②9/14(木)
③9/23(土)  ④9/29(金)
⑤10/4(水)  ⑥10/12(木)
⑦10/31(火) ⑧H30年2/16(金)

 9:00~16:00(⑧のみ13:00~16:00)

応募期間 平成29年7月3日〜平成29年7月10日
定 員 50名
テーマ・講師

医療安全管理者養成研修

①日本看護協会 看護開発部看護業務・医療安全課  中谷 順子 河内弁護士事務所 弁護士  恒川 直久
②九州大学大学院医学研究院 医療経営・管理学講座 准教授  鮎澤 純子 名古屋大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部  寺井 美峰子
③自治医科大学医学部 メディカルシュミレーションセンター センター長、医療安全学教授  河野 龍太郎
④国立大学法人浜松医科大学医学部附属病院 医療安全管理室  鈴木 明
⑤三重大学医学部附属病院 医療安全管理部 Aiセンター  教授 兼児 敏浩 安全対策委員
⑥パラマウントベッド株式会社 技術開発本部 主席研究員  杉山 良子 名古屋大学医学部附属病院 医療安全・感染管理部 副病院長・教授  長尾 能雅
⑦三重大学医学部附属病院 GRM  濱口 直美 安全対策委員
⑧安全対策委員

研修目的

医療現場における医療安全管理者に必要な基本的知識・技術・態度を学び、自施設における医療安全管理活動に活かすことができる

研修内容

・医療安全施策の動向と基礎知識、日本看護協会の取り組みと支援、看護職賠償責任保険制度、医療安全推進のための標準テキストの活用
・医療安全に関する法制度、看護職の法的責任、医療過誤・医療訴訟における法的責任、事故後の記録のあり方
・リスクマネジメントの基礎知識、医療安全管理者・医療安全推進者の役割・業務、医療安全についての職員への啓発・教育活動の実際
・ヒューマンエラーとその防止、分析手法と事例分析
・医療の質を保証する医療安全管理、災害時における医療安全、医療におけるノンテクニカルスキル、医療安全に必要なコミュニケーション
・事故発生時の対応(基本原則、初動対応など)
・危険予知トレーニング(KYT)の基礎知識、危険予知トレーニング(KYT)の実践方法。医薬品の安全管理
・実践報告会

参加条件

①②いずれかの要件を満たし、全日程の受講が可能な看護職者
①所属施設において医療安全管理者の任にある者
②実務経験5年以上で将来その任につく予定のある者

受講料 会員:30,240円 非会員:45,360円 (実践報告会含む)
各種申込様式

H29医療安全研修専用申込書PDF

H29医療安全研修専用申込書Excel

H29年度 実践計画書Word

H29年度 実践報告書Word