協会のご案内

会長ごあいさつ

会長の写真

 令和3年度三重県看護協会定時総会において皆様のご信任を賜り、その後の理事会で選定され、公益社団法人三重県看護協会会長として務めさせて頂くことになりました。
 昨年からの新型コロナウイルス感染拡大で、世界中がパンデミックに陥り、本県においてもそれに対応した1年でした。現在ワクチン接種が医療関係者から高齢者・職域接種へと進んでいますが、変異株への置き換わりが拡大し予断を許さない状況が続いています。最前線で地域医療を支え、尽力されているすべての看護職をはじめ医療関係者の皆様に心より敬意を表します。
 この状況下ではありますが、歴代会長の業績を引き継ぎ、さらに取り組みを進めていく所存でございます。皆様のご意見をお聞きするとともに会員の皆様が活動しやすいように努めてまいります。どうぞよろしくお願い致します。

公益社団法人三重県看護協会の事業
  1. 教育等による看護の質の向上に関する事業
  2. 看護業務及び看護職の労働環境の改善等による県民の健康及び福祉の増進に関する事業
  3. 地域ケアサービスの実施等による県民の健康及び福祉の増進に関する事業
  4. 施設の貸与に関する事業
  5. その他本会の目的を達成するために必要な事業

また、令和3年度は以下の5つを重点事業として進めてまいります。

重点事業
  1. 看護の連携強化による地域包括ケアの推進
  2. 看護職の人材確保と働き方改革の推進
  3. ヘルスケアニーズに対応した看護を提供するための継続教育の推進
  4. 地域における危機管理体制の強化
  5. 県民の健康増進への支援

公益社団法人 三重県看護協会 会長 谷 眞澄